未分類

税理士へ依頼するメリット


資料相続税に関しては、税理士に相続相談をするのが一般的です。では税理士に相談するメリットとはどのようなものなのでしょう。まずは、時間的な部分での負担軽減です。相続に関わる書類の作成や資料の収集には、かなりの時間を費やします。個人で行うと仕事や日常生活に大きな影響がでるものです。税理士に依頼することで、こういった時間の削減ができ、日常生活を送りながら、事務処理が進んでいくので便利です。

次に、財産評価です。相続税は、その不動産の価値によって算出されます。その評価額を適正に行うことが必要なのです。相場よりも高い評価となると、当然、税額も上がりますので、専門家である税理士に依頼するのが賢明な手段と言えるでしょう。

また、申告においては事前に控除制度を適用することで、税額を抑えられます。この控除を行うにも、個人ではかなり難しいものですから、こちらもまた税理士に任せることで適正な税額を算出し、適正な納税を行ってくれるのです。そして、納税後ですが、税務署からの税務調査が入ることがあります。その際、税理士の立ち会いがあることで、調査も段取りよく進み、円満な解決に向かうことになります。このように、税理士への相続相談には様々なメリットがあるのです。


★関連記事★

  1. 相続相談と税理士
  2. 相続相談の前の用意
未分類

相続相談の前の用意


家土地や建物、現金などを相続する場合、相続税のことが気になります。相続に関しては、司法書士や弁護士などが関わってきますが、相続税の申告は税理士だけしかできません。つまり相続することが決まったら、まずは税理士に相談するといいでしょう。

ただ、税理士と普段から付き合いのある人は少ないものです。相続が発生した場合、税理士探しから始める必要があります。この税理士探しですが、ほとんどの事務所では無料の相続相談を受け付けていますので、何軒か当たって、その中から選ぶことをおすすめします。

税理士への相続税の相談ですが、事前に用意しておくとよい資料があります。現金であればそのおおよその金額、土地であれば登記簿謄本、また建物の場合は固定資産税評価証明書などです。他にも株式や社債などがあれば、用意しておくといいでしょう。逆に負の相続もあります。借入金が残っていれば、残高の分かるものや、その契約書が必要です。

もちろんこの他にも、資産の種類によってはそれに関係する資料が必要となります。税理士にあらかじめ必要な書類や資料を尋ねておくと、相談もスムーズに進みます。相続は、個人で行うよりも、その専門家である税理士を通すことで、適正な処理ができ、滞りなく相続ができるのです。


★関連記事★

  1. 相続相談と税理士
  2. 税理士へ依頼するメリット
未分類

相続相談と税理士


相談親などから、不動産や現金、あるいは株式などを相続することになった場合、まず心配なのが相続税に関しての問題です。法律に無知であるまったくの素人が、この相続税を個人でどうにかしようとするのは無理があります。やはり専門家である法のプロに依頼するとスムーズにことが運びます。

一般的に相続税に関しては、税理士に相続相談をする方が多いでしょう。相続相談は、例えば銀行や司法書士、弁護士などにもできますが、一番大切な相続税の申告というものは、税理士しかできないのです。

ただ、ほとんどの人は日常生活の中では税理士との付き合いはあまりありません。そのため、いきなり税理士探しから始めなければいけません。どの税理士にすればいいのか、その選び方ですが、多くの税理士事務所では無料の相続相談を受け付けていますので、まずはそれを利用してみるといいでしょう。いくつか回って、その中から最も分かりやすく丁寧な対応をしてくれた税理士を選ぶという方法があります。

税理士に本格的に相続相談する前に、書類や資料を集めておくと、話がよりスムーズに進みます。現金の額や不動産の価値、株式などの他に、もし借入金などの返済が残っているのなら、その残高が証明できるものも用意します。正確で適正な相続税を算出するには、こういった相続する資産の総額がきちんと分かるものが必要なのです。

相続の手続きを個人で行うと、かなりの労力と時間を費やしてしまいますし、手続き上の不備も生じてくることでしょう。労力の軽減と万全な申告をするためにも、税理士に相続相談をすることをおすすめします。


★関連記事★

  1. 相続相談の前の用意
  2. 税理士へ依頼するメリット