未分類

税理士へ依頼するメリット


資料相続税に関しては、税理士に相続相談をするのが一般的です。では税理士に相談するメリットとはどのようなものなのでしょう。まずは、時間的な部分での負担軽減です。相続に関わる書類の作成や資料の収集には、かなりの時間を費やします。個人で行うと仕事や日常生活に大きな影響がでるものです。税理士に依頼することで、こういった時間の削減ができ、日常生活を送りながら、事務処理が進んでいくので便利です。

次に、財産評価です。相続税は、その不動産の価値によって算出されます。その評価額を適正に行うことが必要なのです。相場よりも高い評価となると、当然、税額も上がりますので、専門家である税理士に依頼するのが賢明な手段と言えるでしょう。

また、申告においては事前に控除制度を適用することで、税額を抑えられます。この控除を行うにも、個人ではかなり難しいものですから、こちらもまた税理士に任せることで適正な税額を算出し、適正な納税を行ってくれるのです。そして、納税後ですが、税務署からの税務調査が入ることがあります。その際、税理士の立ち会いがあることで、調査も段取りよく進み、円満な解決に向かうことになります。このように、税理士への相続相談には様々なメリットがあるのです。


★関連記事★

  1. 相続相談と税理士
  2. 相続相談の前の用意